2018年05月09日

ブレゲ:椿の庭の恩沢の情は歳月に解けます

ブレゲ:椿の庭の恩沢の情は歳月に解けます
1775年のブランドから今なお創建して、クラシックのシリーズはずっとブレゲが最も代表性のシリーズの中の一つを備えるので、完璧にブレゲの高尚・上品で味わいがある風格が現れて、その中の月相の腕時計は更にこの風格を体現しているのが詳しく徹底的です。ブレゲはすばらしい尊重について、伝統のが敬意を表するについて、まさに父のが崇敬を感謝するとについてまさに子女のようです。父はよく見たところ平凡で、白く光って明るい月光のようだ私達の心間で撒き散らして、人生の旅ごとにを明るくします。

ブレゲ(Breguet)のクラシックのシリーズClassique7787腕時計

ブレゲのすばらしいシリーズClassique7787月相の腕時計は採用して明朝エナメルを焼いて、中央の時計の針、分針と秒針を持って、盤面の配置は優雅で簡潔です。同時にまた(まだ)2項の複雑な設計があります:位置の月相は12時にと3時に位置の動力はインジケーターを貯蓄します。動力は貯蓄して1つの細長いポインターを通じて(通って)表して、読み取るのがしかも非常に優雅なのに都合よいです。月相の表示ウィンドウの2つの星が左右バラの金の材質の月の両側で付き添って、いっしょに藍色で深い夜空ので中でぶらぶら歩いて、父と子の間ののようだ黙々として互いに守ります。光沢加工処理を通じて(通って)耳を表して、クラシックのフィレットを採用して式設計をまっすぐにして、線が優雅で、つけるのが心地良いです。処理の表す耳を売り払って小屋を表しと貨幣の紋様と殻の側面を表して互いに引き立ちを飾って、更にバラの金の材質だけある色と光沢を出しをはっきりと示します。技術の角度から見に来て、表してブレゲCを含むべきですalibre591DRLチップ、これは自動的に鎖の機械のチップに行くので、厚さはただ3.02ミリメートルのためだけ、それ同族列の中で最も薄い1モデルになります。この時計は両ぜんまいの箱があって、それによって38時間の動力を持って貯蓄して、および、ケイ素はたとえ設置して並べて空中に垂れる糸に順番に当たるのでもを捕らえます。ケイ素は多くの長所の材料があるのです:ケイ素の重さはきわめて軽くて、耐震性能を高めることができて、しかも潤滑にする必要はない磁性がありません。

豪快にすぐはるかに奮い立つような気概に満ちています

ブレゲ(Breguet)TypeXXI 3817腕時計

旋回する青空と全国各地に縦横に走る壮大な志はすべての男の英雄に属して夢想するのです。私達が大胆に独りで世界を探求して夢を追求するのを始める時、同じく忘れて父の重い拾当時の気高い感情でないでください。ブレゲTypeXXI3817腕時計はさらにその並外れている風格で果敢で恐れることがない男性の特徴を明らかに示すことができて、父を贈るのは一番みごとです。

全体の風格を表して復古して、彰はTypeXXシリーズの悠久の内包を示します;同時に巧みで完璧な先進表を作成する技術に解け合って、21世紀の近代的な風格をあらわします。Type XXI3817時間単位の計算は表してヴィンテージ風の岩のグレーの時計の文字盤を採用するのを積み重ねて、線のなめらかな鋼質によく合って殻を表して、小さい牛革の腕時計のバンドを付けてあって、最も現すのが落ち着いていて上品です。服の縁飾りを表して殻の外に精致な貨幣の紋様があって、ねじ込み式は冠を表してその防水の深さを深く100メートルに達させるの。機械を搭載して自動的に鎖のチップに行って、1954年からTypeXXシリーズの時間単位の計算が時計の特に配備したのが飛んで時間単位の計算機能に帰りを積み重ねるのがあります。ケイ素の質部品の応用、この全く新しい時ために計算してもっと多い技術の内包を加えます。時計の文字盤の中央の位置は1分のサイクルコンピュータと1秒間のサイクルコンピュータが設置されていて、6時に人は12時間のサイクルコンピュータと期日のウィンドウズ機能が設置されていて、3時に人と9時に地位は設置されていて昼夜小さい秒針と表示しないでください、この時計算して同類の製品の中でになるなくてはならない臻の品物をさせます。時計の愛好者は更にサファイアの水晶の底を通してかぶせることができて、チップの精巧で美しい細部を一望に収めて、これはTypeXXシリーズが初めてこの設計を取り入れるのです。


https://www.biubiu7.com/
https://www.biubiu7.com/brand-5.html
https://www.biubiu7.com/brand-6.html



Posted by 防水時計  at 17:15 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。